借家の庭管理の賃貸借契約

私は今一戸建ての賃貸に住んでいます。

庭に木があるのですが、生長した枝が
お隣の家に接触してしまいました。

早急に枝を切る必要があります。

ここで気になるのが、借家の庭管理を
借主がどこまで行うかということです。

結論からいうと、庭管理は賃貸借契約では
ほとんど記述がないため、貸主と借主の
間で相談して決めることになるようです。

賃貸借の契約関係は国土交通省になるんですね。
住宅:「賃貸住宅標準契約書」(改訂版)のダウンロード – 国土交通省

賃貸借契約書は「賃貸住宅標準契約書」を
基にして作られるみたいです。

一部引用します。

第14条 乙は、通常の使用に伴い生じた本物件の損耗を
除き、本物件を原状回復しなければならない。

2 甲及び乙は、本物件の明渡し時において、契約時に特約を
定めた場合は当該特約を含め、別表第5の規定に基づき乙が
行う原状回復の内容及び方法について協議するものとする。(立入り)

【設備、その他】
5. 戸建賃貸住宅の庭に生い茂った雑草

乙がこちらで甲が貸主です。庭関係は雑草だけでした。

ということで不動産会社に相談して貸主に連絡してもらい、
根本から切り倒すというダイナミックな答えに至りました。

今回のケースはこちらの範疇ではないということで、
業者に依頼する伐採費用は貸主の負担です。

特に木に思い入れがあるわけではなかったようで、
潔い英断を下してくれました。

一応こちらも高枝切りバサミを買う覚悟は
ありましたが、話が早く進みよかったです。

なぜ木の生長に気づかなかったかというと、過去に
書いたのですが家の周りをハチが徘徊していまして、
怖くて庭に近づけないという…

家の中にアシナガバチが出た

ともあれ、借家の庭管理については賃貸借契約が曖昧でした。

下見の段階で庭をよく見ておき、契約時に費用の負担が
甲乙どちらになるかを明確にしておくとよさそうですね。